このページの本文へ

マウスで漫画が作れるソフト「コミPo!」が簡単すぎる!

2010年12月02日 12時00分更新

文● 佐藤ポン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キャラクターの表情は180種類、ポーズは120種類

 それではまず背景の配置から!

 「背景画像」のタブをクリックし、プルダウンメニューからカテゴリーを選択。ジャンルは「学校」や「住宅街」、「夜空」など、いかにも背景らしい絵のほか、チェックや水玉模様などのパターングラフィックも選択可能。背景画像を拡大したり移動しても枠は固定されたままなので、画像内の一部分をアップにして使うこともできる。

 背景画像にはユーザーが用意した画像も指定できる。デジカメで撮った写真を取り込むことで、たとえば、友だちと旅行したときの写真を使ったマンガも作れる。「ぶらり! 飯田線の旅」マンガ版なんてのはいかがだろう。

1コマ目に背景画像を挿入。今回使用した画像は「繁華街」の中に入っているものだ

自分で用意した画像は素材リストの一番下の「USER」から選択。デジカメの写真や手描きのイラストを登録する

 背景の配置が終わったら、今度はキャラクターの配置だ。収録されているキャラクターは、女子学生が2人と男子学生が1人、女性と男性の先生の合計5人。学園マンガを作るための最小構成といった感じだろうか。

 この中で、「コミPo!」のイメージキャラクターを務める「こみぽちゃん」(小石川美保)だけは、通常のほかにコミカルな表情のバリエーションがあらかじめ用意されている。ギャグマンガなどで重宝しそうだ。

 特筆すべきは、これらのキャラクターがすべて3Dデータで作られているということ。

キャラクターを配置すると、最初はこのように正面を向いた直立姿勢のポーズになる

3Dハンドルを操作すると、キャラクターを違った角度にできる

3Dデータなので輪郭線の太さを任意に設定可能。これはデフォルトの「太さ:1」の状態。太くするとマンガらしさが出る

輪郭線をもっとも太くした「太さ:10」の状態。細部は潰れてしまって見にくいので、通常はここまで上げることはない

 コマに配置したキャラクターは、拡大縮小だけでなく、回転させることもできる。背景と同じ要領でコマにドラッグ&ドロップすると、キャラクターの中央には「3Dハンドル」と呼ばれるインターフェースが表示される。

 ここをマウスでドラッグすると、キャラクターがくるくる回転する。もちろん配置したキャラクターは後から何度でも調整できるため、とりあえず配置してみて、角度を調整していこう。これは紙にペンで描くマンガでは絶対にできない芸当だ。

 キャラクターには、ポーズや表情も多数用意されている。今回の試用版でも、表情は180種類以上、ポーズは120種類以上も入っていた。フツーのマンガを作るのなら十分すぎると言える数だ。

表情の変更をすると、顔のサムネイルがズラッと並ぶ。カテゴリをプルダウンで設定すると、絞り込んで検索できる

ポーズの設定画面。表情と同様に、カテゴリのプルダウンからイメージにあったポーズを選ぶ

 キャラクターが3Dで、なおかつカメラアングルが自由自在、ポーズも好き勝手につけられる――となると、やはり男性の読者なら誰もが気になるアレをチェックしてみたくなった。そう、「この女子はパンツをはいているかどうか?」

 ……そんなところに時間をかけても仕方ないので、結論を言えば「はいてます」。確認できたということは、そう、パンチラシーンの出てくるマンガも作れます。ええ、おまかせください。創作意欲のある読者は、ぜひご自分でトライしていただきたく。

皆さんの代わりに……あえて皆さんに代わってチェックさせていただきました

(次のページに続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン