このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

やはりキタ! 劇場版なのはが店頭を埋め尽くす!

2010年11月25日 23時59分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 なのは一色に染まっていた秋葉原のショップだが、中でも担当者の正気(!?)を疑いたくなるほどに力(リキ)が入っていたのは、AKIHABARAゲーマーズ本店だ。店頭販売はもちろんのこと、同商品をすべてのフロアで購入可能にしていた。さらには、通常なら書籍を中心にグッズ類などを取り扱っている1階フロアの半分以上のスペースを、“なのは”関連商品だけで埋め尽くしていた。
 5階は1フロアまるまる“なのは”専門フロアにしており、過去に発売された映像商品や関連グッズの販売、なのはとフェイトと一緒に記念撮影ができるスペースや、“高町なのは”役の田村ゆかりさんと“フェイト・テスタロッサ”役の水樹奈々さんのサイン入り販促ポスター、ならびにこれまでに作られたグッズ類、劇場版の原画やシーンを切り出したパネルの展示などが行なわれていた。

AKIHABARAゲーマーズ本店の1階の様子はこちら。入ってすぐの場所には特装版が積み上げられていた

AVフロアの4階も平台の両面とショーケースが“なのは”仕様となっており、ショーケースでは初回限定版に同梱される内容物が展示されていた

AKIHABARAゲーマーズ本店の店頭販売では、午前中から途切れることなく訪れていたようだ

5階の“なのは”特別フロア。写真の左側のタペストリーは特装版に同梱される描き下ろし特大タペストリー

記念撮影のスペースも用意されている。撮影スペースにはショップスタッフが常駐しており、気軽に頼めばカメラのシャッターを押してくれるぞ

これまでに作られたグッズ類や劇場版原画もショーケースの中に展示されている

AKIHABARAゲーマーズ本店には、“なのは”と“フェイト”のコスプレイヤーの姿があった。彼女たちは正式発売初日の26日も来店予定とのこと。彼女たちが手にしているのは同店の購入特典の両面絵柄入りトートバック

とらのあな秋葉原店も平台を使った展開をしており、平台では初回限定版の内容物を展示していた

とらのあな秋葉原店では、同店の購入特典の両面タペストリーを平台で展示していた

アニメイト秋葉原店とソフマップアミューズメント館でも平台を使ったコーナー展開をしていた

全28話にコンサートも収録!
「涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX」が発売

 テレビ放送第1期に新作をプラスした28話構成で2009年に放送した「涼宮ハルヒの憂鬱」に、ファン待望のBlu-ray BOX「涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX」が発売された。
 収録されている映像は、テレビシリーズ第1期での“時系列をシャッフルして放送されたもの”ではなく、昨年放送された“時系列を整理した28話構成のもの”。今回のBlu-ray化に伴い、カットや撮影の手直しなどといった修正が行なわれているという。
 さらに、第1期放送終了後の2007年にメインキャストが出演した“涼宮ハルヒの激奏”や、2009年に東京フィルハーモニー交響楽団が行なった“涼宮ハルヒの弦奏”といった2つのコンサートイベントの映像なども、余す所なく収録している。
 「涼宮ハルヒの憂鬱」関連といえば、今年の2月に劇場公開された「涼宮ハルヒの消失」のパッケージ版が12月18日に発売を迎える。秋葉原の各ショップでは現在予約を受け付け中なので、各店舗のオリジナル特典を吟味して予約するといいだろう

「涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX」の価格は3万9900円

とらのあなの「涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX」購入者特典タペストリーの絵柄はこちら


■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ