このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPadユーザー待望!! 「iOS 4.2」説明会開催

2010年11月22日 22時40分更新

文● 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iOS 4.2の新機能

 iOS 4.2では、大きく3つの新機能が追加された。

AirPrint

 AirPrintは、iPhone/iPod touchiPadから直接、プリントアウトできるという新機能だ。従来アプリを利用してプリントしていたが、OSの1機能として印刷が可能になった。

 ただし、現状で対応しているプリンターは、日本ヒューレット・パッカードの「HP Photosmart Premium C310c」、「HP Photosmart Plus B210a」、「HP ENVY100」という3機種のみ。アプリ側もこのAirPrintに対応しなければプリントできない。

アップル純正のワープロアプリ「Pages」はもちろん対応。画面右上のアイコンから印刷を指示できる。印刷中はステータスを表示してくれる

こちらはアップル純正の表計算アプリ「Numbers」。標準状態では複数ページに渡るような大きな表も、印刷プレビューで縮小して1ページに収めて出力できる

AirPlay

 AirPlayは、iPhone/iPod touchiPadに保存している写真や動画、音楽を、アップルのネットワークメディアプレーヤー「Apple TV」に配信して、TVで視聴できるという機能だ。

 例えば、iPadに旅行の写真を保存していて、それを大人数の友達で見たい場合、TVに表示した方が見やすい。そうした場合にTVにつながったApple TVが起動していれば、iPadからスライドショーの配信を指示して無線LAN経由で配信し、TVに表示できるようになる。

「写真」アプリで画像を閲覧中に、右上にある配信ボタンを押すと……

Apple TVで表示される。動画も同様に配信が可能だ

 ポイントは、マルチタスキング対応により、TVに配信しながらほかの操作を実行できること。映画を見ながらその作品情報をSafariで調べたり、メールをチェックすることが可能だ。

Find My iPad

 インターネットを介して、iPadがどこにあるのか調べられる機能。従来はアップルが有料で提供しているインターネット統合サービス「MobileMe」のユーザーのみが使えた機能だが、今回からすべてのiPadユーザーが無料で使えるようになった。

家のどこかにiPadを置き忘れた場合、パソコンやほかのiPhone/iPod touch/iPadから指示を出して端末から音を鳴らすことも可能だ

ちなみに「メモ」アプリでは、3種類のフォントを選べるようになった

また日本語入力では、50音順のキー入力モードも追加されている


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中