このページの本文へ

ECサイトの8割が商品検索機能を利用…サポタント調査

文●通販通信

2010年11月22日 09時39分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サポタントは11月19日、250のECサイトを対象としたサイト内の商品検索機能についての独自リサーチを行い、その結果を発表した

 調査によると、「商品検索機能」については、80%のサイトで何らかの商品検索機能をページに取り入れ、ユーザビリティーを向上させていることが分かった。

 「フリーワードを入力する商品検索窓」では、商品検索窓を設置しているサイトのうち、99%がフリーワードで検索できるようにしていた。

 「絞り込み検索機能」では、フリーワード検索に加え、カテゴリ、価格帯などの選択項目で、絞り込み検索ができるようにしているサイトが72%あった。

 「検索結果の『表示順』の並び替え」では、76%のサイトで、価格順や新着順など、表示順を並び替えられるようにしていた。

 また、「絞込み検索の項目」としては、カテゴリで絞り込めるようにしているサイトが、86%と最も多く、次いで価格帯での絞り込みができるサイトが62%となった。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. 2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法 4
  2. ブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版を公開 3
  3. マイクロソフト、ユーザー行動分析ツール「Clarity」を公開 2
  4. 米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース 0
  5. Google、検索結果の半数以上のページが MFI に移行したと発表 0
  6. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  7. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  8. Google社員がSEOの質問に答える AMA with Google Search SMX West 2017 15
  9. アイコンだけでダウンロード数が34%アップ!実例に見るA/Bテスト成功の秘策 14
  10. Nodeベースの次世代CMS「KeystoneJS」はWordPressの代わりになるか? 12
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く