このページの本文へ

米アクロニス「Acronis Disk Director 11 Home」を国内販売

ラネクシー、Windows 7対応のパーティション管理ソフト

2010年11月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月19日、ソフトウェアパッケージおよびシステムソリューション販売事業を展開するラネクシーは、米アクロニスが開発した「Acronis Disk Director 11 Home」の販売を開始した。

パーティション管理画面

ディスク復元画面

 Acronis Disk Director 11 Homeは、Windows用パーティション管理ソフトウェアの最新版。これにより簡単にデータを損なわずパーティションの統合や分割、サイズ変更、コピー、移動などができ、データの安全性を高めることが可能だという。また、Windows 7に対応し、ダイナミックディスクとGPTディスクのサポートや複数のディスクでスパンボリュームを作成できる機能などを搭載する。

 また、付属ユーティリティにはパーティション管理ができる「Acronis Partition Manager」やディスク復元をする「Acronis Recovery Expert」、マルチOSのインストールに対応する「Acronis OS Selector」などのツールがある。

対応OSはWinodws XP/Vista/7。サポートするファイルシステムはFAT16/FAT32/NTFS/Ext2/Ext3/ReiserFS3/Linux SWAP。価格(税込)は、パッケージ版が8400円、アップグレード版は5250円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ