このページの本文へ

利用が広がるIPv6環境に対応!

IPv6対応のHDE Controller次期版、β版公開

2010年11月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月19日、HDEはIPv6環境に対応したLinuxサーバー管理ツールの次期バージョン「HDE Controller 7 Professional Edition」をパブリックベータ版として一般公開した。

パブリックベータ版はWebサイトからダウンロードできる

 HDE Controllerは、同社が1999年より開発/販売を行なっているソフトウェアで、Webやメール、DNSサーバーの管理、ユーザーアカウントやメーリングリストメンバーの管理、サーバーのサービスやログ監視などの機能を搭載する。

 HDE Controller 7 Professional Editionでは、メールサーバ(postfix)でIPv6経由でのメール送受信の設定に対応し、アクセス制御やスマートリレー設定でもIPv6アドレスの入力が可能となる。ほかに、日本語版と英語版への切り替え機能の搭載、先日発表されたばかりの「Red Hat Enterprise Linux 6」への対応などが盛り込まれている。

 パブリックベータ版は、最終バージョンがリリースされる前に、公開テスト向けに無償で提供されるプレリリース版。公開テストを通じて、多くの環境での検証をユーザーにしてもらい、フィードバックにより、製品の正式リリースに向けて品質のさらなる向上を目指す。また、寄せられた意見や提案を積極的に製品開発に活かしていくという。

 公開は同社のWebサイトで行なっており、2011年4月末日まで利用できる。

カテゴリートップへ

ピックアップ