このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第176回

芦ノ湖畔で繰り広げられる猫の陣取り合戦

2010年11月19日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人間も猫も子供にはかなわない

先に箱に入っていた茶色い猫に、白黒の子猫がご挨拶の図(2010年11月 ニコン D7000)

先に箱に入っていた茶色い猫に、白黒の子猫がご挨拶の図(2010年11月 ニコン D7000)

 ふたつ並んだ発泡スチロールの箱はひとつが蓋が閉まっていて、その上で黒猫がくつろぎ中。もうひとつは半分だけ閉まっていて、中に入れるようにしてある。もちろん猫のため。そして猫はこういう箱が大好き。

 先に入っていた茶色い猫に、後から来た子猫が合流。見つめ合う2匹。

あ、あっちが面白そう、と振り返ったふさふさ猫。長毛種っぽい(2010年11月 ニコン D7000)

あ、あっちが面白そう、と振り返ったふさふさ猫。長毛種っぽい(2010年11月 ニコン D7000)

 これで終わりかと思いきや、「あ、仲間に入れてほしいな」って顔をしたふさふさ猫が振り向いてこっちを見ている。しかも子猫。

 もちろんこの子もやってきて、2つの発泡スチロール上は2匹の大人猫と2匹の子猫で陣取り合戦のはじまりである。

 そして、暖かくていい場所を取ったのは誰か。

結局子猫が2匹並んでおくつろぎ。2匹ともこちらに顔を向ける瞬間を待って撮影(2010年11月 ニコン D7000)

結局子猫が2匹並んでおくつろぎ。2匹ともこちらに顔を向ける瞬間を待って撮影(2010年11月 ニコン D7000)

 常に勝つのは子猫である。人の世も猫の世も、子どものわがままに勝てる大人はそうはいるまい。

 それにしても、2匹並んだ子猫ってずるいよね。勝てないよね。ではさっきまでここを占領してた黒猫はどうしたか。

その頃、2匹の大人猫は箱の中でこんなことになっていたのでした(2010年11月 ニコン D7000)

その頃、2匹の大人猫は箱の中でこんなことになっていたのでした(2010年11月 ニコン D7000)

 箱の中で茶色い猫とプロレスごっこしてましたとさ。


■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走りながらネコを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方』(MdN)、『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫。2010年4月27日発売)。Twitterアカウントはogikubokei。ときどき猫動画をアップするYouTubeのアカウントもogikubokei。



*次回は2010年11月26日掲載予定



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン