このページの本文へ

全国のハンター諸君、待たせたな!

「モンスターハンターポータブル 3rd」完成披露発表会が開催!

2010年11月10日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部 太田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハンティングアクションゲームという一大ジャンルを築いた、カプコンを代表する“モンスターハンター”シリーズ。その最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」の完成披露発表会が東京・帝国ホテルにて開催された。
 モンハンをやり過ぎて上司にマジ説教をされたこともある筆者にとって、本当に待ちに待った作品。発表会の模様を早速お伝えしていこう。

ゲームが新しくなれば衣装も変わる! 今回も受付嬢がお出迎えしてくれた

 まずは、同社代表取締役社長/COOの辻本春弘氏の挨拶から発表会はスタート。辻本社長は「前作の『モンスターハンターポータブル 2ndG』が、発売して2年半以上経った今でもたくさんの人に遊んでいただいており、タイトル通りモンスター商品になっている。(モンスターハンターポータブル 3rdが)12月1日に発売ということで、もうしばらく待っていただいて、年末ということで弊社のユーザーの方々に対してクリスマスプレゼントかつお年玉という風に受け取っていただければと思う。全社挙げてお届けしたいと考えているのでご期待いただきたい」と、その完成度の高さを自信を持ってコメントした。

左からプロデューサーの辻本良三氏、応援に駆け付けたSCEJのプレジデント・河野 弘氏、代表取締役社長/COOの辻本春弘氏。3者がガッチリと手をクロスさせて堅い握手を交わした
こちらが今回初出となる新システム“ふらっとハンター”。ギルドカードを交換した狩友が集会浴場にNPCとして遊びに来るというもの。アイテムを貰ったり、一緒に温泉に入ることも出来る
スクリーンショットを見る限りでは、“回復薬”といった消耗品などが貰えるようだ一緒に温泉に入れる! ということなので、全国の狩人は多くの女性狩人と狩友になるしかない!?

CMに起用されたタレントがゲストで登場!

 ゲームの新情報が紹介されたところで、ゲームのCMに起用されたタレントである三浦 春馬さん、岡田義徳さん、徳井義実さん、そしてプレイ時間2800時間オーバーになったお馴染みの井上 聡さんがステージに登場した。

ステージでは、井上さんがベテランハンターなら誰でも頷ける、あるあるネタを手振りを交えて披露して会場の笑いを誘った
4人揃ったら狩りに行くしかない。というわけで、新モンスター“アオアシラ”討伐クエストへ
最初は談笑しながらプレイしていたが、いざ狩りとなると真剣な表情に
制限時間は10分という短いクエストだったが、シビレ罠などを駆使し、危なげなく見事狩猟
談笑に包まれた瞬間、画面に“WARNING”の赤い文字が。これこそが、ポータブルでの新要素“乱入クエスト”だ
クエスト受注時に“不安定”と表示されているクエストには、この乱入が発生する可能性があるという
出てきたモンスターは“3(トライ)”で数多の狩人を血の海に沈めた「イビルジョー」
このように乱入モンスターが強敵過ぎる場合は、メインターゲットを狩猟済みならメニュー画面からすぐクリア画面に移動できる

お馴染みのコラボ企画はこちら!

 毎回、色々なコラボレーションも魅力的なモンスターハンターシリーズ。今回も多種多様なコラボ企画がラインナップされた。

こちらはユニクロとのコラボ。背中に“MONQLO”と書かれたTシャツアイルーが実際のゲーム中でも狩りに連れて行けるようだ
ゲーム内にユニクロオリジナル武具が登場するほか、実際にも全30色柄でオリジナルTシャツが販売される
アサヒの炭酸飲料「ドデカミン」とのコラボ「アサヒ ドデカミングレート」
今回は「SHIDAX」とのコラボ「狩りOK!(カリオケ)」。オリジナルのフードメニューも用意も!?
筆者が一番度肝を抜かれたのは、長野県信州渋温泉とのコラボ。現地でお得なサービスが受けられるオリジナルグッズ付き「ユクモパス」の販売や、長野電鉄とのタイアップで“モンハン急行”の運行も決定。記念切符の販売も!

 上記コラボレーションの最新情報は順次公式サイトで公開していくとのこと。発売まであともう少しだが、こちらもチェックして120%楽しんでいただきたい!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ