このページの本文へ

VMwareやXen、OpenVZなど複数のハイパーバイザーに対応!

VPS管理限定でお安く!HDE Controller VPS Edition

2010年11月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月8日、HDEは複数のハイパーバイザーに対応したサーバー管理ツール「HDE Controller VPS Edition」を発表した。販売は11月26日の予定。

VMwareやXen、OpenVZなどに対応する「HDE Controller VPS Edition」

 HDE Controller VPS Editionは、Webやメール、DNS、FTPなどの各種サーバー、MySQLやPostgreSQLなどのデーターベース、そしてアカウントやバックアップなどの管理機能を搭載するサーバー管理ツール。VPS(Virtual Private Server)に必要な機能に限定することで、専用/共有サーバー管理に最適化された従来の「HDE Controller」シリーズと比較して、安価なライセンス体系を実現した。

 対応するハイパーバイザーは

  1. VMware(VMware ESX/ESXi 4.1)
  2. Xen(Citrix Xen Server)
  3. KVM(RedHat Enterprise Linux Server 5.5)
  4. Virtuozzo(Parallels Virtuozzo Containers 4.0 for Linux)
  5. OpenVZ

で、これら上のゲストOSの管理ツールとして動作する。

 価格は、1~5VPS版で、4万7250円/年。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ