このページの本文へ

人口カバー率は99.9%

ヴェクタント、WiMAXとKDDI CDMA併用可能なサービス

2010年11月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月8日、丸紅グループの通信事業者であるヴェクタントは、法人向けモバイルデータ通信サービスとして、定額制モバイルインターネット接続サービス「VECTANTブロードバンドアクセスWiMAX Hybrid」および、「VECTANT セキュアモバイルアクセスWiMAX Hybrid」を発表。同日より提供開始した。

定額制モバイルインターネット接続サービス「VECTANTブロードバンドアクセスWiMAX Hybrid」

USBタイプの提供端末(DATA03 by HITACHI)

 両サービスは1つの端末で、「モバイルWiMAX」(下り最大通信速度40Mbps、上り最大通信速度10Mbps)と「KDDI CDMA」(下り最大通信速度3.1Mbps、上り最大通信速度1.8Mbps:人口カバー率99.9%)の双方のデータ通信が利用可能なインターネット接続サービス。電波状況に応じて自動的に通信を切り替えるので、WiMAXエリアでは最大40Mbpsの高速データ通信が、WiMAXエリア外ではCDMAでの通信が可能となる。加えて、VECTANT セキュアモバイルアクセスWiMAX Hybridでは、インターネットを介さずセキュアに社内にアクセスできる定額制モバイル閉域接続サービスとなる。

 また、定額制料金のため、パケット利用料を気にすることなく利用できる。24時間365日の障害受付対応、端末保守(センドバック保守)も標準提供する。価格は下表の通り。

VECTANTブロードバンドアクセスWiMAX Hybrid
初期費用 1万2500円
(端末費用・事務手数料・
設定費用等含む)
月額費用 1年プラン 5200円
2年プラン 4200円
VECTANTセキュアモバイルアクセスWiMAX Hybrid
初期費用 1万2500円
(端末費用・事務手数料・
設定費用等含む)
月額費用 1年プラン 5900円
2年プラン 5000円
なお、上記費用のほか、社内ネットワーク接続用の専用ゲートウェイ費用が必要

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ