このページの本文へ

国内初バンドルのSCE 2010 with Dell PowerEdge R410

デル、System Center Essentials 2010バンドルのサーバー

2010年11月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月2日、デルはマイクロソフトの統合管理ツール「System Center Essentials 2010」をバンドルした「SCE 2010 with Dell PowerEdge R410」を発表した。Essentials 2010 をサーバにバンドルして提供するのは、国内ではデルが初めてとのこと。

System Center Essentials 2010がバンドルされるPowerEdge R410

 System Center Essentials 2010は50台以下の物理・仮想サーバー、500台以下のクライアントPCなどを統合化されたGUIで管理するツールで、サーバーとのバンドルにより、いち早く利用可能になるメリットがある。プログラム・セキュリティパッチ等の更新、トラブルの迅速な対応、物理サーバーから仮想サーバーへのマイグレーションなどを効率的に行なえる。おもにスタンドアロンで導入されているHyper-Vを用いた仮想サーバー環境を統合的に管理するという用途が想定されている。バンドルされるDell PowerEdge R410は、Xeon 5600搭載可能なラックマウント型サーバー。

 価格はIntel Xeon E5506、メモリ4GB、HDD 450GB×4の推奨構成で 60万5850円(税込)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ