このページの本文へ

ディスプレーだけなのに音の広がりが凄い!

BOSEからシアターシステム一体型ディスプレー登場

2010年11月02日 18時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
正面のディスプレーが「VideoWave entertainment system」。音の広がりが素晴らしく、もちろん下にある黒い布の中にはスピーカーがある……と思ったら何もなかった 正面のディスプレーが「VideoWave entertainment system」。音の広がりが素晴らしく、もちろん下にある黒い布の中にはスピーカーがある……と思ったら何もなかった

 ボーズから、ホームシアターシステムを内蔵した46型液晶ディスプレー「VideoWave entertainment system」が発表された。11月3日発売予定で販売価格は68万2500円(設置サービス込み)。

背面の内部。上方向にスピーカーがあり、中央にはウーファーを内蔵 スピーカーの下にあるのが「PhaseGuide」。網目になっている細長い穴から音を出力。音は壁に反射することで鳴る
背面の内部。上方向にスピーカーがあり、中央にはウーファーを内蔵スピーカーの下にあるのが「PhaseGuide」。網目になっている細長い穴から音を出力。音は壁に反射することで鳴る
ウーファーは6つ内蔵し、中央下部から出力される ウーファーは6つ内蔵し、中央下部から出力される

 本機は液晶ディスプレー(チューナー非搭載)の背面に、上方向を向いた7つのスピーカーと下方向を向いた6つのウーファーを内蔵。さらに音を壁などに反射させることで任意の位置で音を鳴らすことができる「PhaseGuide」と呼ばれる独自の機構を搭載。これによりホームシアターシステムのような広がりのある音を再現できる。

ディスプレーに同梱されるセットトップボックス。ディスプレーとはケーブル1本で接続 iPod Doc
ディスプレーに同梱されるセットトップボックス。ディスプレーとはケーブル1本で接続iPod Docを接続することができる

 別体型のセットトップボックスが付属し、入力端子などはそこに装備される。付属のiPod Docを接続することでiPodの楽曲再生も可能なほか、USB端子を装備し、メモリー内の静止画を画面に表示させたりできる。映像入力はHDMI×4、コンポーネント×2、コンポジット×3を装備。音声入力は同軸、光のデジタルが各×2、アナログ×3となる。

付属の「クリックパッドリモコン」。ボタン数を極力減らしている 操作は画面周囲に表示されるボタンを選択することで行なう。画面はBDプレーヤー接続時で、接続する機器に応じて画面のボタンの数などが変わる
付属の「クリックパッドリモコン」。ボタン数を極力減らしている操作は画面周囲に表示されるボタンを選択することで行なう。画面はBDプレーヤー接続時で、接続する機器に応じて画面のボタンの数などが変わる

 操作に関しては「シンプルで分かりやすい」を目指しており、新開発の「クリックパッドリモコン」はリモコン自体のボタン数を極力減らし、操作は画面に表示されるボタンなどを選択することで行なえる。

 本機のデモンストレーションに参加したが、最初この製品についての説明がなく、試聴した部屋の手間と横に黒い布で覆われたスピーカーらしきものがあったので、そこから音が出ているもだと思っていた。しかし実際には部屋の中にスピーカーはなかったのだが、それに気がつかないぐらいの音の広がりを感じられた。

(ワールドワイドを含め)ボーズ初となる期間限定ショップ「ボーズ・ミュージアムストア」。同社の歴史などの展示もある

 ちなみにこの製品は明日から期間限定(11月14日まで)で東京・表参道に開設される「ボーズ・ミュージアムストア」で体験・購入できる(場所などの詳細情報はこちら)。ご興味があれば実際に体験していただきたい。ちょっとびっくりな臨場感を味わえるはずだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン