このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第39回

初音ミクでハルメンズ! サエキけんぞうと7人のボカロP【前編】

2010年10月30日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「昆虫軍」が上がったという通報から始まった

キャプミラ おっ、サエキさんが接続してますね。

サエキ あーあー、聞こえますか?

―― 大丈夫です。ではサエキさん、まずボーカロイドでアルバムを作ることになった発端から聞かせてください。

サエキけんぞうさん

サエキ ニコ動にハルメンズの曲が上がっていたのを聴いたんですよ、4~5曲くらい。すでにそういう意味では実績があるし、それぞれ個性があるということは確認出来ていたので、アルバム1枚くらいは余裕で作れるだろうと。

―― ボーカロイドについてはどんな印象を?

サエキ 2年半くらい前かな、最初に「昆虫軍」が上がった時なんですけど、すぐ「通報」がありましてね。

―― ツーホー!

サエキ その瞬間、すごく嫌な予感がしたんですよ。聴いてヤバイものだったらどうしようと。それが意外によく出来ていたというか、発音もちゃんとしているので驚いたんです。

―― 嫌な予感というのはボカロの性能ですね。

サエキ その瞬間に認識が変わりましたね。あともう一つ大きかったのは、偶然、佐々木さんにお会いすることがあったんですよ。その方が異様に音楽に詳しくて。クラブ音楽が変わっていく時期というのがありましたよね。

※ クリプトン・フューチャー・メディアでボーカロイドの音源開発を担当している、あの佐々木渉さん。

―― 80年代末あたりの話ですよね。

サエキ それから90年代初期にかけてですね。結構込み入った話だし、年齢的に言ってそんなはずはないんですけど、まるで見てきたかのように語るので。この人のとてつもない知識はすごいなと。こういう人が初音のスタッフなのかと。それで見方が変わりました。

―― 最初に通報された「昆虫軍」は誰の曲なんですか?

うどんゲルゲ それが作者の名前もよく分からないんですよ。Twitterで呼びかけても反応ないし。

サエキ YouTubeに上がっているので、そこでも呼びかけたよね。

―― じゃあ、ここでも呼びかけておきましょうか。「怒らないから連絡ください」ということで。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン