このページの本文へ

ファンケル9月売上高、1%減の75億7200万円

文●通販通信

2010年10月22日 09時13分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ファンケルが10月20日に発表した2010年9月度売上高情報によると、売上高は前年同月比1.0%減の75億7200万円となった。

 販売チャネル別では、通信販売が同5.3%減、店舗販売は同3.6%減(既存店売上高は同2.2%減)、卸販売他(海外への卸販売も含む)は同16.3%増となった。

 事業別では、化粧品関連事業が同1.0%増。うちファンケル化粧品は、海外向けの卸販売が堅調だったほか、製品面では4月にリニューアル発売した「無添加アクネケア」が好調で、同0.6%増の30億5700万円となった。アテニア化粧品は、新発売した“気まぐれ肌”対策の若年層向け新基礎化粧品ライン「メディチューン」が好調で、同12.2%増の6億9400万円となった。

 栄養補助食品関連事業は、前年同月比横ばいだった。

 いいもの王国通販事業は、収益性の観点から新聞広告を絞り込んだ結果、同23.2%減の5億2700万円となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く