このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

リボンUIやOutlookとの連携も

MindManager9──直感操作で、ビジネスを効率化する

2010年10月22日 09時00分更新

文● 後藤 宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ガントチャートで仕事の進行状況が一目瞭然!

 MindManager9には、さまざまな新機能が組み込まれ、従来よりも大幅にブラッシュアップが図られている。なかでも特筆すべき点は"ガントチャート"の表示機能が標準機能として追加されたことだ。これによりプロジェクトに関連する作業のスケジュールを、マインドマップとともに一発で確認できるようになっている。

マップ上のトピックを選択した後、右のタブから「仕事情報」を選ぶと、そのトピックに関連した仕事情報を入力する画面が現れる

スケジュールなどの仕事情報をマップの上部などにガントチャートで表示できる

 加えてOutlookとの連携も強化され、タスクや連絡先、スケジュールなどを本製品のマインドマップ上で簡単に関連付けることができるようになっている。Outlook上で実行された変更点を簡単なクリック操作でマインドマップ上にも反映できるほか、Outlook内のタスクをガントチャート上で確認できるようにもなっている。

「Outlookタブ」が新たに追加され、マインドマップへのクエリーの取り入れに加え、アウトルック上で更新されたデータの同期も簡単にできるようになった

 このほかにもMindManager9ではパワーポイントのスライドへの変換もブラッシュアップ。マインドマップを使ってのプレゼンが手軽にできるようになったのも、大きな進化ポイントと言えるだろう。


追加機能で共有データをブラウザーで閲覧&編集

 このように機能面で大きく飛躍を遂げたMindManager9だが、これと一緒に導入したいのが「Mindjet Catalyst」だ。

 Mindjet Catalystとは一種のファイル共有サービスで、導入すればMindManager9で作成したマインドマップを、複数のユーザーで共有し、ウェブブラウザーで閲覧できるほか、共同での編集機能も装備している。複数メンバーによるマインドマップの閲覧・編集が可能となることで、本製品の活躍の幅がより広がることとなるのだ。

本製品の下部にある「サインイン」から「Mindjet Catalyst」の30日間無料試用版を申し込むこともできる

 さて、ここまで新機能を中心に新しいMindManager9を紹介してきた。確かにすべての機能を使いこなすまでには時間はかかりそうだが、小一時間ほどソフトをいじっていれば基本操作は程なく理解できるし、簡単なマインドマップなら感覚的に誰でもすぐ作成できそう。

 また、今回のバージョンアップにともない、オンラインヘルプが日本語化されたことに加え、基本的な使い方を動画で説明してくれる日本語チュートリアルも登場。以前からマインドマップ作成ソフトには興味があったが、やや敷居が高い印象もあり、なかなか手を出せなかったというユーザーも、今こそチャレンジする時かもしてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ