このページの本文へ

決済サービス「NP後払い」、利用者が1200万人を突破

文●通販通信

2010年10月21日 09時05分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ネットプロテクションズは10月18日、同社が提供する後払い決済サービス「NP後払い」の利用者数が累計1200万人を突破したと発表した。

 利用者数は近年、前年度比30%程度の増加を続けており、現在は毎月約30万人が「NP後払い」を利用している。

 利用者数の増加の主な要因としては、ネットショッピングに安心感を求める購入者ニーズの高まりと、ダイアナやミス・パリ、日比谷花壇などの有名企業を含む、「NP後払い」利用可能店舗の増加が挙げられる。2010年現在、導入企業は、約9500店舗となっている。

 「NP後払い」とは、インターネットやカタログで買い物をした購入者が、商品の到着後、中身をよく確認した後にコンビニ・郵便局・銀行での支払いが可能な決済。導入企業からしても、リスクなく後払い決済を導入することが可能。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く