このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた第39回

キーボード付きのN-08Bはどれくらいケータイなのか?

2010年10月18日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 QWERTYキーボード付きのN-08Bが世に出たとき、過去の名作「モバイルギア」にスタイルが似ていることもあって、多くの人は「PCと比較してどうなのか?」「スマートフォン的に使えるのか?」といった感じで興味を持ったと思う。しかしN-08Bはあくまでケータイである。ならばケータイとして使い勝手はどうなのか、今回はそんな観点からN-08Bを見てみた。意外なことに気づくかもしれない。

テンキー型ケータイとの違いは?

 N-08Bが普通のケータイとどの程度違うのか、機能面で比較してみると、以下のようになる。

通話
iモードブラウザ
iモードメール
iアプリ
テンキー △(フルキー)
フルブラウザ
GPS ×
おサイフケータイ ×
ワンセグ
メモ機能
カメラ ○(インカメラのみ)
赤外線
Bluetooth
外部メモリ
音楽再生
動画再生
ラジオ ×
タッチパネル ×
ボイスレコーダー
電卓
カレンダー
国際ローミング ○(3Gのみ)
健康系機能 ×
無線LAN機能 ○(アクセスポイントモード対応)

 最近のケータイには必須のおサイフケータイとGPSが無いのは痛い。もっとも普段から服のポケットに入れておくことはさすがに困難なので、おサイフケータイとして使うのはそもそも難しいだろう。ただ、SuicaやPASMOのカードをカバンに入れて、改札をタッチする人も見掛けるので、大きくても有ればよかったのに! という人もいるかもしれないが。GPSはソーシャル系のサービスを使うことを考えるとやや残念だが、オープンiエリアである程度は代用が可能だ。

 意外なのはiモードアプリが普通に使える点。もちろん縦画面のアプリは画面中央に表示される形になるのだが、それでも使えないよりはいい。また機種変更でも、アプリやブックマークをバックアップを使って移行できるのもうれしい。それでは機能を細かく見てみよう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン