このページの本文へ

ソニーからAVCHD動画が再生可能なフォトフレーム登場

2010年10月14日 16時54分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーから、デジタルフォトフレーム「S-Frame」の新機種が登場する。一部を除いて11月6日発売となる。

最上位機種となる「DPF-XR100」 最上位機種となる「DPF-XR100」。カラーはブラックとシルバーの2色

 最上位機種の「X」シリーズはAVCHDのフルHD動画の再生に対応。またフルHDではないがMotion JPEGやMPEG-1、MPEG-4、MPEG-4 AVCの再生も可能だ。なお、パネル解像度はフルHDではないため、画面表示はフルHD画質にはならない。

シルバーモデルの背面は、メタリックな質感で1枚の金属板のような感じのデザイン

 また新たに背面にステレオスピーカーを内蔵し、MP3、AAC、WAVの音楽ファイルの再生も可能になった。音楽再生に関してはウォークマンなどの技術を応用し、A/D変換時の音のズレを修正してより原音に忠実な音で再生するなどの工夫が施されている。

 表示機能では、スライドショーが3パターン追加になったほか、世界時計表示も3パターン可能になった。

 ラインナップは、10.2型ディスプレー(1024×600ドット)を搭載する「DPF-XR100」と8型ディスプレー(800×480ドット)搭載の「DPF-XR80」の2機種。どちらも「TruBlack」ディスプレーを採用し、2GBのメモリーを内蔵するほか、HDMI出力などを装備する。

 予想実売価格はDPF-XR100が4万円前後、DPF-XR80が3万円前後となる。このXシリーズのみ、発売日は11月26日となる。

「DPF-D830」 バッテリー内蔵ながら背面はフラットなデザインだ
角が丸いデザインの「DPF-D830」バッテリー内蔵ながら背面はフラットなデザインだ

 中級機種となる「D」シリーズのうち、8型のクリアフォト液晶パネル(800×600ドット)を搭載する「DPF-D830」はバッテリーを内蔵。約100分のバッテリー駆動が可能となっている。予想実売価格は2万円前後。

「DPF-D720」 背面にはUSB端子やメモリーカードスロットなどを搭載
新色となるレッドを採用した「DPF-D720」背面にはUSB端子やメモリーカードスロットなどを搭載

 また7型のクリアフォト液晶パネル(800×480ドット)を搭載する「DPF-D720」は、従来機種からのブラック、ホワイトカラーに加えて、ワインレッドカラーを追加。女性を意識したカラーとなっている。予想実売価格は1万3000円前後の見込み。

DPF-D720のスワロフスキーモデル。本体カラーのほか、前面フレームに施されたエレメントの模様も異なる

 加えてDPF-D720はスワロフスキーデザインのモデルを2種類(ホワイトとブラック)用意。予想実売価格はホワイトモデルが1万6000円前後、ブラックモデルが1万4000円前後となる。

 DPF-D830とDPF-D720はいずれも動画(Motion JPEG)と音楽(MP3)の再生が可能で、2GBの大容量のメモリーを内蔵する。

クリアフォト液晶パネル搭載の「DPF-D710」 前面フレームの交換が可能な「DPF-E710」も投入される
クリアフォト液晶パネル搭載の「DPF-D710」前面フレームの交換が可能な「DPF-E710」も投入される(予想実売価格9000円前後)

 エントリーモデルとなる「DPF-D710」は、従来の液晶パネル(480×234ドット)をアップグレードし、DPF-D720と同じ7型のクリアフォト液晶パネル(800×480ドット)を搭載。内蔵メモリーが128MBと少ない分、予想実売価格は1万1000円と低価格になっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン