このページの本文へ

クラウドサービス本格展開へ、ヤフーが福島にデータセンター建設

文●通販通信

2010年10月12日 09時56分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ヤフーとYahoo!JAPANグループのIDCフロンティアは10月8日、環境対応型のデータセンター「新白河データセンター(仮称)」を福島県白河市に建設すると発表した。

 新白河データセンター(仮称)」は、敷地面積約2万5000平方メートル、最先端の外気空調方式を取り入れた環境対応型のデータセンターで、空気の搬送抵抗の極小化と、空調設備の冷却電力を抑えた設計を実現。クラウドサービスの提供と、大型のコロケーション需要にも対応している。

 また、外気空調方式による電力削減と併せ、給電システムもエネルギー効率も追求。無停電電源装置(UPS)を採用することにより、エネルギーロスを減らしている。

 第一期分の建設規模は1棟(600ラック規模)で、2012年3月末の竣工を目標としている。需要に応じてモジュールを追加し、敷地内に最大6棟の建設も検討している。

 今回の決定により、Yahoo!JAPANグループは、次世代のインターネット事業における戦略的基盤を構築し、インターネット事業およびデータセンター事業の持続的な成長と、IDCフロンティアが提供するパブリック型クラウドサービス「NOAH(ノア)」を本格的に展開する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く