このページの本文へ

アニメファンならぜひ行きたい!聖地巡礼ツアー 第7回

オタクツーリズムシリーズ! 「true tears」の聖地に行ってきました

今度の聖地は富山県! 城端祭レポート

2010年10月08日 22時18分更新

文● 中村信博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これが聖地! アニメと見比べてみよう!

 今晩は「城端むぎや祭」の前夜祭として、「麦屋節」をソーラン風にアレンジした創作踊りを披露する「じゃんとこいむぎや」が開かれることになっている。実はこの前夜祭の合間に、地元の有志がアニメの中で登場した「麦端踊り」を再現するという情報を事前にキャッチしていて、「正調麦屋節」と「麦端踊り」を比較できるチャンスとして前日から会場入りしたのだ。それまで、アニメの中で登場した城端の風景を巡ってみることにしよう。

第4話で石動兄妹が買い物に来たスーパーマーケット、Aコープセフレ。建物の形状、柱の並びもそのままだ

第7話で登場した欄干越しの川の風景。多くのファンサイトで、この橋の下流側を撮影したアングルが劇中で登場したとされているが、ここはあえて上流側としてみる。劇中の風景では背後に山並みがあるが、山並みを入れようとすると必然的に上流側になる、というのが根拠

第3話をはじめ、作品中でたびたび登場する城端の町並み。お祭りの露店が立ち並んでいてわかりにくいが、露店を消した風景を想像すると劇中そのままの町並みなことがわかる

ここは第4話、眞一郎と乃絵が2人で歩いているところを、交差点の反対側から三代吉と愛子が目撃するシーンで登場。交差点は街並み踊りのメイン会場となっているため、この日は露店や音響設備が並んでいて少しわかりにくくなっている

眞一郎が「麦端踊り」の稽古のため通っている公民館のモデル、善徳寺会館。実際にも公民館として、住民の方々の会合などに使われているようだ

石動兄妹が住む長屋は町の大通りに面したところにある。この家は劇中でもたびたび登場するが、第8話が一番わかりやすいかもしれない。一般の方が住んでいるところなので、撮影も節度を忘れずに

第4話の街並み風景シーンで登場したお店。一方が和風建築、もう一方が洋風建築と異なる様式だが、どちらもレトロなデザインのため、全体として大正モダンな雰囲気がある

主人公達が通う麦端高校のモデル、城端中学校。特徴的な丸壁の校舎が劇中でもたびたび登場している。この日はお祭りの臨時駐車場となっていたが、普段はもちろん構内立ち入り厳禁。巡礼の際は気をつけよう

第5話で比呂美たちがお弁当を食べていた階段状のベンチは、城端中学校のグラウンド脇にある

聖地についてはファンの皆さんががいろいろと調べているが、筆者もそれっぽい所を偶然見つけた! 物語エンディングのスタッフロールで登場した、雷轟丸とじべたの鶏小屋が建てられていた場所に似ているような……

もしかしてここは、石動・兄がアルバイトしていたバイク屋だろうか……? 「true tears」では、城端の風景がこれでもかと登場するので、街を歩いていると「ここも出てきたかも?」という風景に数多く出会うことができる

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ