このページの本文へ

Celerra VG8とCelerra VG2の2製品登場

EMC、最大1792TBのストレージゲートウェイ

2010年10月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月30日、EMCジャパンはXeon 5600番台搭載のストレージゲートウェイ「EMC Celerra VG2」と「EMC Celerra VG8」を発売した。

最大容量128TBのEMC Celerra VG2

 FC(ファイバチャネル)のHDDをネットワークに接続するための装置で、ネットワーク側のプロトコルはiSCSIやNFS、CIFS、FCなどに対応する。

 ローエンドのCelerra VG2は、4コアのXeon 5600番台と6GB DDR3メモリを搭載。ストレージ容量は最大128TBまで拡張可能。価格(税込)は373万円から。

1792TBものHDDを収容可能なEMC Celerra VG8

 Celerra VG8はハイエンド向けの製品で、6コアのXeon 5600番台と24GB DDR3メモリを搭載。ストレージ容量は最大1792TBとなっている。価格(税込)は1566万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ