このページの本文へ

最新ゲームPCのオススメパーツ構成とは?【Intel編】

2010年10月06日 13時00分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 7エクスペリエンスインデックスを使って基本性能をチェック

 ここまでIntelプラットフォームにおけるおすすめの構成を紹介してきたが、Windows 7エクスペリエンスインデックスを使って、その性能をチェックしていきたい。

Intel プラットフォームマシン構成一覧表
GPU別マシン構成 GeForce GTX 480 GeForce GTX 460 Radeon HD 5850 Radeon HD 5770
CPU Intel「Core i7 870」
マザーボード ASUSTeK「P7P55D-E」
メモリ CORSAIR「CMX4GX3M2A1600C9」
ビデオカード EVGA「GeForce GTX 480」 PALIT「GeForceR GTX 460 Sonic Platinum」 ASUSTeK「EAH5850 DIRECTCU TOP/2DIS/1GD5」 MSI「R5770 HAWK」
SSD CORSAIR「CSSD-F120GB2-BRKT」
(有り/無し両方で計測)
- CORSAIR「CSSD-F120GB2-BRKT」
(有り/無し両方で計測)
-
HDD WESTERN DIGITAL「WD20EARS-00MVWB0」
OS Windows 7 HomePremium 64bit
グラフィック
ドライバ
GeForce Driver 258.96 ATI Catalyst 10.8

 今回もビデオカード以外は同じ構成としている。また上位構成においてはSSDの有無によって性能の違いを確認するため、SSD、HDDそれぞれからOSを起動してスコアを計測している。この構成でWindows7エクスペリエンスインデックスを計測した結果は以下の通り。

「Windows エクスペリエンス インデックス」(単位:Scoce) better→

 CPUの結果は7.5で、奇しくも前回の「Phenom II X6 1090T Black Edition」を採用した構成と同じとなった。この結果から見ると、Windows 7を使う上では両CPUはほぼ同等の性能と考えていいだろう。
 またプライマリHDDの結果を見るとSSDを採用したシステムで7.6、HDDを採用したシステムで5.9と前回と同様WindowsエクスペリエンスインデックスではSSDの効果が非常に高いことがよくわかる。
 それ以外の結果は全て7.0以上ということで、どの構成でもWindows7は快適に使えるシステムとなっている。

3D MarkVantage

 次は、定番ベンチマークソフト「3D Mark Vantage」を使って性能を確認した。今回も前回と同様「Performance」と「Extreme」を標準プリセットにて計測を行なった。NVIDIA製ビデオカードについてはPhysXオンで計測しているため、GPUスコアも併せて掲載している。

「3D Mark Vantage」(単位:Scoce) better→

 今回チェックした4製品のなかでは、Performanceで21000を超え、Extremeでも10000に迫る「GeForce GTX 480」が頭一つ飛び抜けた結果となった。  また、PALIT「GeForce GTX 460 Sonic Platinum」もミドルレンジGPUとしては非常に優秀。GPU単体の性能でも価格帯で上位となる「Radeon HD 5850」とほぼ同等で、大幅なオーバークロックの効果が如実にでているといえる。
 「Radeon HD 5770」については「GeForce GTX 480」の半分程度、「GeForce GTX 460」や「Radeon HD 5850」と比較しても7割弱と大きく溝を開けられる結果となった。
 またSSDとHDDの起動ドライブの違いによるスコアの変化は見られず、ディスクアクセス速度の違いがスコアに影響しないことがわかる。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中