このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2010年10月開始アニメ特集 ― 第2回

恒例のアニメ特集! 秋の新番はこちら【第2発】

2010年09月29日 20時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “第1発”に引き続き、今日も最新のアニメ情報をお伝えしよう。2回目にお届けするタイトルは、女性向け恋愛ADV「薄桜鬼 新選組奇譚」が原作の「薄桜鬼 碧血録」、同じく同名のPCゲームが原作「咎狗の血」といった女性向けアニメのほか、「Kiss」(講談社)で連載されている同名漫画が原作「海月姫」など。お嬢様もお兄様も仲良く楽しんで欲しい。

守りたいものあらば--
鬼になれ
「薄桜鬼 碧血録」

作品解説
 原作は、2008年9月にオトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー)から発売されたPS2専用の女性向け恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼 新選組奇譚」。散りゆく運命に抗うかの如く戦い続けた新選組と、彼らとともに生きる道を選ぶ少女の物語だ。
 史実の要素を数多く取り入れながらも、オリジナル要素を巧みに取り入れ、それぞれのキャラクターたちのビジュアルも伴い、発売以降、着実にファンを増やし続けている。そのため、2009年にはPSPへの移植版やファンディスク「薄桜鬼 随想録」を、2010年にはDSやPS3への移植版が発売されたほか、関連書籍やドラマCDなども販売された。また、10月1日からは「薄桜鬼 新選組炎舞録」という題目で舞台化もされる。
 第2期となる本作も、第1期からのスタッフ陣が引き続き担当する。

あらすじ
 京で仕事をしていた蘭方医の父から音沙汰がなくなり、江戸より上洛をした雪村千鶴は化け物に襲われそうになる。そんな彼女を救ったのは、“人斬り集団”として知られていた新選組だった。偶然にも彼らの秘密の一端に触れ、屯所に軟禁された千鶴だったが、やがて彼らと心を通わせ、行動を共にするようになり、秘密の全容や自身の出自についても知ることとなる。
 慶応4年1月。鳥羽伏見の戦いに敗れた新選組は、江戸へと戻る。しかし、新政府軍との再戦を望む彼らを待っていたのは新政府軍の甲府進軍を阻止するため、甲府城で敵を迎え撃つことだった。
 己の信じた士道に従って戦いを諦めない土方らとともに、千鶴もまた、決意をもって接していく。さらには、新たな勢力の拡大によって、羅刹と鬼の関係にも変化が生じていくのだった。
 めまぐるしく変化する時代の中で、変わらず己の信じた士道を貫くために身命を賭して戦い続ける男たち。薩摩・長州・土佐を中心とした新政府軍と、徳川家臣を中心とした旧幕府軍との熾烈な争い――戊辰戦争に身を投じていく新選組。自らの宿命に手繰り寄せられるように、苛烈な道へ歩を進め、散りゆく運命に抗うかの如く戦い続けた新選組と、彼らとともに生きる道を選ぶ少女の物語。

スタッフ
原作:オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー)
原案・構成監修:藤澤経清
監督:ヤマサキオサム
キャラクター原案:カズキヨネ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
音響監督:岩浪美和
音楽:大谷幸
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:「薄桜鬼 碧血録」製作委員会

オープニングテーマ 吉岡亜衣加「舞風」
エンディングテーマ mao「茜空に願ふ」

キャスト
雪村千鶴:桑島法子
土方歳三:三木眞一郎
沖田総司:森久保祥太郎
斎藤 一:鳥海浩輔
藤堂平助:吉野裕行
原田左之助:遊佐浩二
近藤 勇:大川透
山南敬助:飛田展男
永倉新八:坪井智浩
島田 魁:大羽武士
榎本武揚:伊藤栄次
大鳥圭介:内匠靖明
風間千景:津田健次郎
天霧九寿:山口りゅう
不知火 匡:吉田裕秋
南雲 薫:伊藤葉純
雪村綱道:斎藤龍吾

テレビ放送情報
tvk 10月2日から毎週土曜日24:30~
チバテレビ 10月3日から毎週日曜日23:30~
テレビ埼玉 10月3日から毎週日曜日25:00~
サンテレビ 10月4日から毎週月曜日24:00~
KBS京都 10月4日から毎週月曜日25:00~
TOKYO MX 10月4日から毎週月曜日25:30~
テレビ愛知 10月5日から毎週火曜日25:28~
AT-X 10月4日から毎週月曜日9:30~(リピート放送 毎週月曜日21:30~/毎週木曜日15:30~、27:30~)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hakuoki/

→次ページへ続く

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ