このページの本文へ

ユニットコム「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」

最新パーツがズラリ! 「PC-DIY EXPO 秋の陣」開催!

2010年09月25日 21時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全国でもお馴染みのPCショップ、TWOTOPやフェイス、パソコン工房などを運営するユニットコムが主催するイベント「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」が、本日ベルサール秋葉原で開催された。

ベルサール秋葉原で開催された、ユニットコム主催のイベント「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」

 前回の「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」に続いて開催された「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」。今回も多数のメーカーがブースを出展しており、最新製品のアピールを行なっていた。また、特設ステージではメーカープレゼンテーションやアイドルユニットによるミニライブ/握手会なども実施。気持ちの良い晴天に恵まれた土曜日ということもあり、多数の自作ユーザーが訪れていた。
 なお、以下では気になった製品をいくつかピックアップしてみた。いずれも発売が近い製品が多いので、今後の購入計画にぜひいれておきたい。

イベントは明日26日(日)も開催される。各社のプレゼンテーションも多数予定されているので、興味のある人は会場に足を運ぶといいだろう

ASUSTeK

2010年9月30日発売予定の「FINAL FANTASY XIV」同梱版「GeForce GTX 460」搭載ビデオカード「ENGTX460 DIRECTCU/2DI/1G/FF14」。パッケージが公開されるのは今回が初めてとなる

COMPUTEX TAIPEI 2010でも展示されていた拡張カード「ROG Xpander」が日本初公開。「Rampage III Extreme」の拡張スロットに重ねて装着することで、4-way SLI動作を可能にする製品で、基板上にはPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を2基搭載し、冷却クーラーも備えている。国内発売に向けて鋭意進行中という

クーラーマスター

クーラーマスターブースでは「HAF X」のNVIDIA Editionがお出迎え。反響次第では発売するかもというコンセプトモデルながら、先日レッドモデルが登場したことからも、あながちあり得ない話ではなさそうだ

今回の同社イチオシとなるのが初の80PLUS GOLD認証電源「SILENT PRO GOLD」シリーズだ。国内では600W/800W/1000Wの3モデルを展開予定で、間もなく店頭に並ぶこととなる

Thermaltake

ここ最近、立て続けにPCケースを発売したThermaltakeだが、今度はゲーマー向けブランド「Tt eSPORTS」のキーボードやヘッドセットなどを展示していた。国内展開は11月の予定。キーボードは手を冷却できるファンを備えるなどユニークなギミックもある

IN WIN

「BR-665」

microATXサイズながらハイエンドVGAの2枚差しが可能な「BR-665」。発売中の「IW-BR661」の姉妹モデルとなる

「Dragon Rider」

E-ATX対応の大型モデル「Dragon Rider」。「IW-BR661」の大型モデルといった印象をうける

「IW-BM651-B」

すでに販売中のMini-ITXケース「IW-BM651-B」。PS2を思わせるフロントパネルが特徴的だ

サイズ

現在開発中の「Mine Cooler2(峰2)」。懐かしい初代モデル(写真左の箱)と並べて撮影してみた。具体的な発売予定は未定ながら、登場が待たれるモデルだ

VGAクーラー「雪原2」。初のGeForce GTX 460対応のVGAクーラーで、発売したばかりのGeForce GTS 450にも装着可能となる。近日発売予定で約4000円前後となりそうだ

剛力シリーズが80PLUS BRONZE認証を取得。「剛力3」として登場する。また「CorePower4」シリーズも同時にデビュー予定だ

ZALMAN

電源

ZALMANから久々に電源ユニットが登場予定。80PLUS SILVER認証のハイエンドモデルで10月下旬には店頭に並ぶとのこと

「ZM-M240W」

3Dモニターの最新モデルで24インチサイズとなる「ZM-M240W」。こちらも近日発売予定

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中