このページの本文へ

200台以上のこだわりのクルマがエントリー!

パイオニアのカーサウンドコンテスト結果発表!

2010年09月27日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全国から音自慢のクルマが大集結!

 移動プライベートルームとも言える自家用車にとって、室内のオーディオにこだわるのはごく自然なこと。痛車乗りの間でも、オーディオやモニターなどの車内エンターテイメントに力を入れているクルマも少なくない。

 そんなカーオーディオに力を入れまくっているオーナーたちが、9月7~8日に幕張メッセで開催された「パイオニア カーサウンドコンテスト」に集結した。去年を上回る200台以上の中から、厳選な審査の結果、各種グランプリが発表されたのでお知らせしよう。

 参加資格は、カロッツェリア(パイオニア)のカーステレオをインストールしたクルマ。ディーラー部門、オーナー部門にわかれて審査される。ただいい音が出ればいいというワケでもなく、事前に申請したコンセプトにどれだけ沿っているか、音像の位置および安定性、台詞とディスプレイとの整合性、ステレオイメージ、移動感など、最終的にトータルクオリティで判断されるのである。

審査中のクルマ。大きな音が出ればいい、重低音がズンドコしてればいいというのではなく、自動車内という特性を活かして、トータル的にチューニングされているかが問われた

 ちなみに、課題となったのは2chオーディオ部門では「魅せられし心/ヒラリー・コール」の中の「ザ・スネイク」、「コパチンスカヤ/ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲」から「ロンド」、また5.1chシアター部門では「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の「Black or White」だった。

 それでは、カーオーディオの頂点に立ったクルマたちをご覧あれ!

ディーラーデモカー部門入賞車

カロッツェリア Xシステムクラス

販売店名:サウンドステーション ガレージショウエイ 車種:ホンダ フィット

カーシアタークラス

販売店名:サウンドエナジー 車種:ホンダ CR-Z

内蔵アンプクラス

販売店名:Stecs 車種:BMW 3シリーズ

ユーザーカー部門入賞車

カロッツェリア Xシステムクラス

オーナー:石川一也さん 車種:ホンダ アコード ツアラー

カーシアタークラス

オーナー:由浅充崇さん 車種:マツダ アテンザワゴン

内蔵アンプクラス

オーナー:高柳嗣臣さん 車種:トヨタ ランドクルーザー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ