このページの本文へ

S!メールが利用できる専用アプリも同時に提供開始

HTC DesireのAndroid OS 2.2化は10月8日から

2010年09月24日 16時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、同社のAndroid端末「HTC Desire SoftBank X06HT」「HTC Desire SoftBank X06HTII」を対象として、OSのバージョンを2.2(Froyo)にするアップデートサービスを10月8日より提供することを発表した。このアップデートはネットワーク経由で行なわれ、3G回線を利用したダウンロードにはパケット通信料が必要となる(無線LAN経由でも可能)。

 今回のOSバージョンアップでは、アプリケーションやブラウザー(JavaScript)の速度向上のほか、「Flash 10.1」の搭載、HD画質(720p)での動画撮影、メモリーカードへのアプリ保存などの機能が追加される。また使い勝手面でも、従来1本ずつ操作の必要があったソフトウェアのバージョンアップが、一括で更新できるようになった点は大きい。

 このアップデートに合わせて、同じく10月8日からHTC Desire上でS!メール(MMS)が利用できるようになる専用アプリ「SoftBankメール」の提供も開始される。こちらはAndroidマーケットからの提供で、ソフト自体は無料で利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン