このページの本文へ

店内を散策する感覚で…「楽天ネットスーパー」がリニューアル

文●通販通信

2010年09月24日 09時57分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

楽天の子会社であるネッツ・パートナーズは9月21日、同社が運営するネットスーパーモール「楽天ネットスーパー」のパソコン向けサイトを大幅にリニューアルした。

 今回のリニューアルは、“店内を散策しながら買い物をするという、実際のスーパーマーケットでの行動に近い感覚で、ユーザーにネット上で買い物をしてもらう”ことをコンセプトとしている。

 これまで楽天ネットスーパーでは、商品を肉・野菜・魚といったカテゴリーごとに表示しており、ユーザーは特定のカテゴリーを選択して商品を閲覧するか、商品名やメーカー名などで検索して商品を探す必要があった。

 今回、Flashを活用した操作性の高いページデザインにリニューアルしたことにより、ユーザーはカテゴリーを移動する際、その都度クリックする必要がなく、画面を上下にスクロールすることでショップに登録されたすべての商品が閲覧できる。さらに「買い物かご」に入れた商品は、常に画面上に表示して確認できるなど、利便性が向上している。

 ■「楽天ネットスーパー」(http://netsuper.rakuten.co.jp/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く