このページの本文へ

ソーシャルメディアポリシー策定の取り組みを紹介

ヤマハ担当者が語る!ソーシャルメディアセミナー

2010年09月24日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

セミナー
ロフトワークとNECビッグローブが開催するセミナー「ソーシャルメディアプラットフォーム ~企業自らがリードするソーシャルというメディア~」

 「Webエンゲージメント」をテーマにした連続セミナーの第2弾ソーシャルメディアプラットフォーム ~企業自らがリードするソーシャルというメディア~が11月9日、東京・品川区のゲートシティ大崎で開かれる。主催は、NECビッグローブとロフトワーク。

 Twitterをはじめとするソーシャルメディアの広がりとともに、Webを活用した消費者との「エンゲージメント」づくりの重要性が説かれている。だが、これまで情報発信を中心にWeb戦略を組み立ててきた企業にとって、どのようにソーシャルメディアを使えばいいか、まだ悩みは多い。本セミナーでは、「ソーシャルメディアの戦略設計」「インフラ/ツールの選定」「ガイドライン」の3つの視点から企業がWebエンゲージメントに取り組む具体的な方法を解説する。

 ゲストは、ヤマハ eヤマハ室CGMプロジェクトの鞍掛 靖リーダー。ソーシャルメディアガイドラインを策定中という同社の取り組みから、企業がソーシャルメディアを活用する際の姿勢や注意点を紹介する。このほか、ソーシャルメディアの戦略設計についてはロフトワークの諏訪光洋社長が、インフラについてはNECビッグローブの山本隆範ビジネスサービス事業部長が解説する。

 本セミナーは、NECビッグローブとロフトワークが共同で開催する連続セミナー(全5回)の第2弾。9月2日に開催された第1弾の「成果を上げるWebインテグレーション」は早々に満席になるなど盛況だっただけに、早めに申し込んだほうがよさそうだ。

Webエンゲージメントセミナー Eng.2
ソーシャルメディアプラットフォーム
~企業自らがリードするソーシャルというメディア~

日時
2010年11月09日(火) 14:00~16:30(13:30受付開始)
主催
NECビッグローブ、ロフトワーク
会場
ゲートシティ大崎 ゲートシティホール(JR大崎駅直結)
定員
50名
対象
業種・企業規模を問わずマーケティングに興味のある企業、Webサイトリニューアルや導入を直近または将来的に検討している企業

■プログラム

ソーシャルメディアとエンゲージメント戦略
株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪光洋氏
ソーシャルを実現するクラウドプラットフォーム
NECビッグローブ株式会社ビジネスサービス事業部 部長 山本隆範氏
企業におけるソーシャルメディアのガイドライン
ヤマハ株式会社 eヤマハ室 CGMプロジェクト リーダー 鞍掛 靖氏


※申込みは、ロフトワークのセミナー案内ページから。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く