このページの本文へ

企業Twitter、「クチコミ集積地」として有効…矢野経済

2010年09月22日 09時46分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
矢野経済研究所は9月21日、企業・消費者における「ソーシャルメディアの活用実態調査」の結果を発表した。

 同本調査では、企業のソーシャルメディアサービスに関する戦略の変化、注目分野について分析。また、消費者に対してウェブアンケートを行い、ソーシャルメディアサービスが消費行動に与える影響を分析した。

 調査によると、消費者のTwitterの活用目的は「有名人の書き込みを読む(53.0%)」などの「情報受信」的目的が上位を占めた。また、「友人・知人の書き込みを読む(30.4%)」など、リアルの人間関係の延長線としてのSNS的利用ニーズも強い。

 企業メディアに消費者が求めるのは、HPへは「新製品・新サービスの情報(70.8%)」「情報の信頼性(37.5%)」、Twitterへは「情報の早さ(27.4%)」「ユーザーの声が聞ける(21.8%)」。企業Twitterは、社員が一方的にツイートするだけでなく、利用者・ファンの「クチコミ集積地」として、ユーザー同士のコミュニティの形成につとめ、将来的な潜在顧客への情報提供を図ることが有効と分かった。

 調査は2010年6月~9月に実施。調査対象は、ソーシャルメディアサービスのユーザー企業・消費者。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く