このページの本文へ

サイズ「鎌VESA」

液晶ディスプレイ用物置台「鎌VESA」がサイズから発売

2010年09月16日 23時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VESA規格のネジ穴を利用して装着させる液晶ディスプレイ用物置台「鎌VESA」(型番:SCKV-1000)がサイズから発売となった。

VESA規格のネジ穴を利用して装着させる液晶ディスプレイ用物置台「鎌VESA」がサイズから発売

 同製品は、VESA規格に準拠した75mm×75mmまたは100mm×100mmのネジ穴が用意された液晶ディスプレイに装着可能なディスプレイ用物置台。本来アーム等を固定するためのVESA規格用穴を活用し、ディスプレイ上部を物置台として有効利用しようという便利アイテムである。
 積載荷重は約2kgまでに対応し、PC用小型スピーカー等を置けるとか。天板部のサイズは400(W)×150(D)×13(H)mmで滑り止め用のシートが付属。アーム部は310mmで、本体重量は520g。同社によると、デスク周りの小物の整理や、小型サブディスプレイ、カードリーダーといった周辺機器を置くなど、目の前の空間の立体的な活用が可能としている。価格はパソコンハウス東映で1860円、アークとZOA秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPで1980円だ。

取り付け後の様子。積載荷重は約2kgまでに対応し、小型サブディスプレイ、カードリーダーといった周辺機器を置くことができる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中