このページの本文へ

共有電源ユニットEcoPowerGatewayで電源損失を抑える!

NEC、6コアXeon対応で省電力の「Express5800/E120b-1」

2010年09月16日 16時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月16日、NECは省電力サーバー「Express5800/ECO CENTERシリーズ」の新製品「Express5800/E120b-1」を発表した。現行モデル比で最大20%の省電力化を実現した2Wayの1Uサーバーで、出荷開始は9月24日となる。

Express5800/E120b-1 EcoPowerGateway対応モデル

 Express5800/E120b-1は、最大8台のサーバーに電源供給が可能な共有電源ユニット「EcoPowerGateway(エコパワーゲートウェイ)」に対応。これにより電源損失を抑えることが可能となり、個々にサーバーに冗長電源を搭載した現行製品と比べ、最大20%の省電力化を実現する。

 一方、パフォーマンス面も抜かりはなく、Xeon L5640(6コア)もしくはXeon L5630(4コア)の2Wayに対応し、最大メモリが64GB(8GB×8)、2.5インチHDDを8台まで搭載できる。

EcoPowerGateway対応モデル以外に、AC電源を内蔵し、3.5インチHDD×4に対応するモデルも用意する

 価格は、メモリとディスクレスのEcoPowerGateway対応モデル(電源非搭載)が24万8000円から。AC電源搭載モデルは22万8000円からとなる。

カテゴリートップへ

ピックアップ