このページの本文へ

他社製品に対して約2.5倍のパフォーマンス

デジタルアーツ、自社製プロキシを搭載したアプライアンス

2010年09月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月15日、デジタルアーツは、自社製プロキシを搭載したアプライアンス「DigitalArts Secure Proxy Appliance」(デジタルアーツ・セキュア・プロキシ・アプライアンス)を発表。11月下旬から出荷を開始する。

独自開発の自社製プロキシと「IBM System x」を組み合わせたアプライアンス「DigitalArts Secure Proxy Appliance」

 DigitalArts Secure Proxy Applianceは独自に開発したプロキシと「IBM System x」を組み合わせたアプライアンス。キャッシュやACL(Access Control List)などのフィルタリングのほか、オプションで自社のWebフィルタリングソフト「i-FILTER」の利用や、代表的なアンチウイルスエンジンとの連携も可能だ。他社製品に対して約2.5倍のパフォーマンスが実証され、大規模な企業でも対応可能という。

 ラインナップと価格は下表の通り。

  Entry Low-Mid Mid-Hi Hi
対応ユーザー ~500 ~2000 ~5000 ~20000
CPU 2コア 4コア 4コア 6コア
メモリ 4GB 8GB 8GB 12GB
HDD 500GB 1TB 1TB 2TB
価格 172万5000円 350万円 650万円 1550万円

 デジタルアーツの市場参入により、事実上ブルーコート製品に占有されているWebプロキシ製品市場に選択肢が提供されることになる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ