このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ニコンから中級デジタル一眼「D7000」とコンデジ3機種が登場

2010年09月15日 19時29分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニコンからデジタル一眼レフカメラ「D7000」とコンパクトデジタルカメラ3機種が発表された。D7000は10月29日発売予定で、ボディのみの予想実売価格は14万円前後。

「D7000」。上面と背面にマグネシウム素材を採用。シーリングも施されている

「D7000」。上面と背面にマグネシウム素材を採用。シーリングも施されている

 D7000は同社一眼レフデジカメのラインナップではミドルクラスとなる機種。幅132×奥行き77×高さ105mmという、D90と同等サイズのボディに高級機同等の機能を盛り込んだのが特徴となる。本体のみの重量は約690g。

 新開発のニコンDXフォーマットの有効1620万画素CMOSセンサーを搭載。ISO感度は100~6400、増感設定でISO 12800、ISO 25600まで拡張可能となっている。

背面モニターは3型(約92.1万ドット)

背面モニターは3型(約92.1万ドット)。録画ボタン(赤いマークのボタン)の周囲にあるのはライブビュー切り替え用のスイッチ

 画像処理エンジンは先月発表された「D3100」(9月16日発売)と同じ「EXPEED 2」を採用。最速で秒間約6コマ、連続約100コマの連写が可能となっている。

 ガラスペンタプリズムを採用した視野率100%の光学ファインダーを搭載。D7000では新たに2016分割のRGB測光センサーを採用する。AFのフォーカスポイントは39点で、うち中央部9点がクロスタイプとなっている。

 動画機能は1920×1080ドットのフルHD撮影に対応。コントラストAFによるピント合わせが可能で、動いている被写体に対してピントを追従させることができる。

モードダイヤルに追加された「U1」「U2」モード

モードダイヤルに追加された「U1」「U2」モード

 よく使う撮影機能を登録できる「U1」「U2」モードをモードダイヤルに搭載。SDメモリーカードスロットを2つ搭載し、バックアップ記録やRAW+JPEGの分割保存などが可能だ。

 レンズキットは「AF-S DX NIKKOR 18-105mm F/3.5-5.6G ED VR」が付属するキットが予想実売価格18万円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6G ED VRII」が付属するキットが同23万円前後となっている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン