このページの本文へ

スクエニ、Windows版「ファイナルファンタジーXIV」発表!

2010年07月01日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジー」シリーズ最新作として、オンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV」のWindows版を発表した。発売は9月30日で、日本語・英語・ドイツ語・フランス語版正式サービスを同日開始する。製品の価格はオープンプライスだが、同社ショッピングサイト「スクウェア・エニックス e-STORE」の直販価格は8190円。なおプレーするには、別途利用料金1344円/30日が必要となる(キャラクター作成日から30日間利用料金無料)。

「ファイナルファンタジーXIV」Windows版

 また、正式サービス開始に先駆け遊べる先行ログイン権などの特典が付属する「ファイナルファンタジーXIV コレクターズエディション」Windows版を9月22日に発売する。価格はオープンプライスで、スクウェア・エニックス e-STOREでの直販価格は1万290円となっている。なお、PS3版は2011年3月上旬発売予定で、価格は未定。

 ファイナルファンタジーXIVの舞台は、小大陸アルデナードと周辺の島々からなる「エオルゼア」。海の都「リムサ・ロミンサ」、砂の都「ウルダハ」、森の都「グリダニア」、山の都「イシュガルド」などの都市国家が点在し、プレーヤーはほかの冒険者とともに自由に”暮らす”ことになる。

 新たなゲームシステムとしては、武器や道具を持ち替えるだけでクラス(職業)を変更できる「アーマリーシステム」、冒険者に対しさまざまなクエストがランダムに提示される「ギルドリーグ」などを採用。キャラクターメイキングもさらに充実させている。

「アーマリーシステム」では、剣術士として戦った後にすぐにジョブチェンジというのも可能

キャラクターメイキングのイメージ

 必要動作環境は、CPUがIntel Core 2 Duo(2.0GHz)/AMD Athlon X2(2.0GHz)以上で、Windows XPの場合メモリーが1.5GB以上/Windows Vistaおよび7の場合2GB以上。また、空き容量15GB以上のHDD/SDDが必要。グラフィックスカードはNVIDIA GeForce 9600シリーズ(VRAM512MB)、ATI Radeon HD 2900シリーズ(VRAM512MB)以上。対応OSは、Windows XP SP3/Vista SP2(32/64ビット)/7(32/64ビット)。常時接続のネットワーク環境が必須となっている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン