このページの本文へ

パワーユーザーも満足するスペックを実現

ソーソー、Ubuntu OS搭載のハイエンドA4ノートPC

2010年09月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月11日、ソーソーは、同社のLinux PCブランド“リナックスマニア”からUbuntu OSを搭載するハイエンドA4ノートPC「LinuxMania 柘榴坂モデル(Model ZakuroZaka)」を発表。同日より予約受付を開始、9月19日から販売開始する。

Ubuntu OSを搭載するハイエンドA4ノートPC「LinuxMania 柘榴坂モデル(Model ZakuroZaka)」

 LinuxMania 柘榴坂モデルは、OSにUbuntu OSを採用し、CPUにはCore i5-520M(2.40GHz)を搭載するハイエンドマシン。同社ではハイエンドなA4ノートPCにUbuntu OSをプリインストールした状態で販売されるのは、今回が日本で初めてだという。

ディスプレーは14型WXGA(1366×768ドット)キーボードは英語キーボードのみ

 ラインナップはメモリのみの違いにより、2GBモデルと4GBモデルが用意される。価格は2GBモデルが9万9800円、4GBモデルが10万4800円。主な仕様は下表の通り。

製品名 2GBモデル 4GBモデル
CPU Core i5-520M(2.40GHz)
OS Ubuntu 10.04 LTS
HDD 500GB
メモリー 2GB 4GB
ディスプレー 14型WXGA(1366×768ドット)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチ
有線LAN 1000BASE-T
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Webカメラ 130万画素
サイズ 幅345×奥行き237×高さ32mm
重量 約2.2kg

 また、本製品を購入するとUbuntu OSのメジャーバージョンアップが実施される際に、新OSとカスタマイズディスクのDVDセットが無料で郵送される特典がある。これはメジャーバージョンアップが実施されるたびに、継続して実施されるサービスだという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ