このページの本文へ

オプトとシルバーエッグ、広告商品の開発などで提携

文●通販通信

2010年09月10日 09時46分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

オプトとシルバーエッグ・テクノロジー(シルバーエッグ)は9月8日、リアルタイム・レコメンドエンジンを活用した広告商品の開発やデータプラットフォーム(OpenDPF)事業の促進を目的に業務資本提携したと発表した。

 両社は、シルバーエッグのユーザー行動分析技術とオプトのマーケティング力を組み合わせることで、新たな商品開発やOpenDPF構築への活用が検討できることから、今回の提携に至った。

 なお、本提携で、オプトがシルバーエッグの発行済株式総数の1.3%を第三者割当増資で取得した。

 シルバーエッグは、1998年に設立された日本初のレコメンデーション分野の専門企業で、人工知能をベースとした高精度なユーザー行動分析によるレコメンデーションを特徴としている。

 また、オプトはインターネット広告出稿支援やEC事業支援、OpenDPF構築などを広く展開している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く