このページの本文へ

NZXT「Phantom」

SF風デザインのNZXT製PCケース「Phantom」全3色が販売中

2010年09月08日 23時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SF風のユニークなデザインとなるNZXT製のPCケース「Phantom」が登場。ホワイト/ブラック/レッドの3色がオリオスペックで販売中だ。

「Phantom」
オリオスペックで販売中のSF風のユニークなデザインとなるNZXT製のPCケース「Phantom」。ホワイト/ブラック/レッドの3色をラインナップする

 曲面を活かしたデザインが、なんともSF風な印象を与える「Phantom」。スペックのほうもなかなか特徴的で、搭載ファンはフロント140mm×1/リヤ120mm×1(標準搭載)/サイド120mm×2(標準搭載)/サイド200or230mm×1/トップ200mm×2(1基標準搭載)と、最大で計7基を装着可能。外装と同色塗装となる内部は、ベイ数が5インチ×5、2.5/3.5インチシャドウベイ×7で、ドライブの装着はスクリューレスで行なえる。

内部
外装と同色塗装となる内部。ファンは最大で計7基を装着可能。ベイ数が5インチ×5、2.5/3.5インチシャドウベイ×7で、ドライブの装着はスクリューレスで行なえる
ファンコン
サイドには120mm×2(標準搭載)と200or230mm×1のファンを搭載可能。トップに5チャンネルのファンコンを備える

 その他、マザーボード背面にケーブルマネジメントスペースが設けられているほか、リヤに水冷チューブ口が4箇所設けられている点、トップに5チャンネルのファンコンを標準搭載する点も特徴的。E-ATXまで搭載可能な本体サイズは222(W)×540(H)×623(D)mm、重量が約11kg。価格は1万5800円と、見た目とギミックの割にはお得な印象を受ける。

底面
リヤには水冷チューブ口が4箇所設けられている。また底面はインシュレーターではなく、滑り止めも兼ねたゴムが広範囲に備え付けられている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中