このページの本文へ

クーラーマスター「V6GT」

近日発売のCM製CPUクーラー「V6GT」のサンプルが到着! 

2010年09月08日 21時52分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスター製CPUクーラーの最新モデル「V6GT」(型番:RR-V6GT-22PK-R2)のサンプル版がT-ZONE.PC DIY SHOPに入荷。近日登場という予告とともに展示がスタートしている。

「V6GT」
クーラーマスター製CPUクーラーの最新モデル「V6GT」のサンプル版。COMPUTEX TAIPEI 2010でも展示されていたモデルである

 COMPUTEX TAIPEI 2010の同社プライベートブースでも展示されていた期待の新モデルがいよいよ発売となる。製品は、6mm径×6本のヒートパイプをV字型にレイアウトした“Double-V”と、左右非対称のアルミ製ヒートシンクを組み合わせることで高い放熱効率を実現するというのが特徴だ。
 搭載されるファンはPWM可変対応の120mm×2基というデュアル仕様となるのもポイント。スペックは800rpm~2200rpm/34.02CFM~93.74CFM/15dBA~38dBAのDynaLoopベアリングを採用。その他、全体サイズは131(W)×120(H)×165(D)mm、重量約939g。対応ソケットはLGA 1366/1156/775、Socket AM3/AM2+/AM2で、バックプレートを使ったネジ留め式を採用している。なお、トップカバー部には好みに応じてブルー/レッド/パープルの3色に発光するLEDが搭載(消灯可能)されている。発売日や予価は現時点では未定となっているが、おおよそ約9000円前後となりそうだ。

スペック
6mm径×6本のヒートパイプをV字型にレイアウトした“Double-V”と、左右非対称のアルミ製ヒートシンクを組み合わせることで高い放熱効率を実現するという
LEDが搭載
トップカバー部には好みに応じてブルー/レッド/パープルの3色に発光するLEDが搭載(消灯可能)されている。せめて回転数に連動して変化する程度のギミックがあっても良かったかもしれない

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中