このページの本文へ

イオンネットスーパー、27店舗でFAX受注を開始

2010年09月08日 10時33分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
イオンは9月8日、「イオンのネットスーパー」の新しい取り組みとして、ジャスコ27店舗においてFAXで商品が注文できるサービスを開始した。

 FAXでの受注サービスで取り扱う商品は、「イオンネットスーパー」で購買頻度の高い生鮮品や調味料、お米、飲料、洗剤やティシュペーパーなどの生活用品約350品目。また、年4回カタログを発行し、随時商品を入れ替えるとともに、地域特性の高い生鮮品や調味料、米など約70品目は、普段顧客が利用している店舗の商品を提供する。顧客は、カタログから商品を選び、自宅からのFAX注文で買い物ができる。

 また、FAXでの受注サービスでは、15時までに注文すると、翌日以降の配送時間帯の指定が可能となる。

 現在、「イオンネットスーパー」は、イオンリテール(90店舗)、マイカル(13店舗)、マックスバリュ中部(1店舗)の合計104店舗で展開しているが、今後、27店舗で顧客の声を聞きながら、サービスレベルの向上に取り組み、FAXでの受注サービス展開店舗を順次拡大していく。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く