このページの本文へ

DLNAでNASのデータを再生、USB DACやBluetooth対応も

マランツ、ネット対応の高音質プレーヤー「NA7004」を発表

2010年09月07日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NA7004。NASやパソコンに保存した楽曲ファイルを高音質に再生できるネットワークオーディオプレーヤーだ

 マランツ コンシューマー マーケティングは7日、同社初のネットワークオーディオプレーヤー「NA7004」を国内発表した。

音質と利便性の両方を狙う

 NA7004は、DLNA1.5に準拠。パソコンやNAS(DLNAサーバー)に保存した音楽ファイルをネットワーク越しに取得して、再生できるプレーヤー。対応するファイル形式は、FLAC/MP3/WAVE/AAC/WMAで、FLACは最大24bit/96kHz。それ以外は最大16bit/48kHzまで対応する。

 選曲操作は本体やリモコンのほか、DMCと呼ばれるコントロールソフトをインストールしたパソコンやiPhone/iPod touchからも実行できる。iPhone/iPod touch用のDMCとしてはPlugPlayerなどが有名だが、パソコンのウェブブラウザーや、Windows Media Player 12からのリモート操作にも対応する(Compatible with Windows 7ロゴを取得)。

豊富なデジタル入出力端子を備えた背面。極太ケーブルを接続しても支障ないよう、端子は離して配置されている

 豊富なデジタル入力端子を装備することも特徴で、パソコンやiPodとデジタル接続するためのUSB端子や、同軸/光デジタル入力端子を持つ。また、Bluetoothレシーバー「RX101」も本体に付属しており、iPod touchや携帯電話機などA2DPプロファイルに対応した機器を無線でつなげる。

発表会は恵比寿にある試聴室で実施された。B&W 802 DiamondとセパレートアンプのSC-7S2+MA9S2×2、オーディオクエストの高級ケーブルなどハイエンドシステムと組み合わせている

 内蔵するD/Aコンバーターはシーラスロジックの「CS4398」で、最大192kHz/24bitのリニアPCM入力に対応。入力した楽曲データ(Bluetoothを除く)を、リニアPCMに変換して、同軸/光デジタル端子から出力する機能も持つ(アップサンプリングには未対応)。

フロント部分には視認性が高い有機ELディスプレーを装備。漢字の表示にも対応しており、1~2メートル離れた場所からでも快適に操作できそうだ

 フロント部分には漢字表示に対応した有機ELディスプレーやヘッドホン端子を装備。インターネットラジオ(vTuner)の再生も可能。高域補完技術のM-DAX2(Marantz Dynamic Audio eXpander 2)も装備する。

 本体サイズは幅440×奥行き343×高さ106mmで、重量は6.5kg。筺体色は「シルバーゴールド」のほか「ブラック」が選べる。価格は9万7650円と内容を考えるとリーズナブル。発売は10月下旬を予定している。

AVアンプ上位機種にもDLNA対応機能を

 またネットワーク機能に対応したAVアンプとして一体型の「SR7005」と、セパレート型AVプリアンプの「AV7005」も投入する。AV7005と組み合わせるパワーアンプとして、5chの「MM7055」と2chの「MM7025」も発表された。

二段目がAV7005、三段目がMM7055、四段目がMM7025

 DLNA関連機能に関しては、NA7004とほぼ同等の仕様。AVアンプということもあり、JPEG画像の表示やFlickrの閲覧など映像関連の機能も利用できる。Bluetooth、USB DAC、iPodデジタル出力といった機能も備える。

 DMCに関しても有償・無償のソフトが選べるが、iPod touchなどで操作するためにマランツが専用に作った「Wizz App」もAppStoreに無償公開されている。選曲操作だけでなく、ボリュームやソース切り替え、サラウンドモードの変更など、リモコンとしての機能も備えている。

 SR7005は7chの一体型。AV7005は7.2chバランスプリアウト/11.2chアンバランスプリアウトを備えたセパレートアンプとなる。

 ともにHDMI1.4a(入力6系統、出力2系統)、3Dパススルー、リンク機能(HDMI CEC)、ARCなどに対応する。「Dolby Pro Logic IIz」や「Audyssey DSX」といった拡張型のマルチスピーカーシステムを構築することも可能。従来の5.1chに上方向または左右方向のスピーカーを追加することで、より立体的な音場を実現できる。

 各製品の価格と発売時期は下記の通り。

価格と発売時期
製品名 価格 発売時期
SR7005 19万9500円 9月21日
AV7005 19万9500円 10月下旬
MM7055 13万6500円 10月下旬
MM7025 8万4000円 10月下旬

手軽なネットワーク対応CDレシーバーも登場

 合わせて同社はDLNA対応のCDレシーバー「M-CR603」と同製品にマッチングを図った2ウェイバスレフスピーカー「LS603」も発表した。

M-CR603とLS603

 Bluetoothレシーバーが別売となり、USB DACとしての機能を持たず、デジタル入力端子が光のみになるなど、仕様に制限はあるが、iPodデジタル入力に対応し、DLNA関連の機能は「NA7004」とほぼ同等。音楽CDやCD-Rに記録されたMP3/WMAファイルの再生にも対応する。

 M-CR603の本体サイズは幅280×奥行き302×高さ111mmで、重量は4.3kg。FM/AMラジオやインターネットラジオ機能も装備する。アンプ部分は60W(6Ω)×4chで、LS603をバイアンプ駆動できる。価格は6万9300円で、発売は10月中旬。

 LS603は直径2.5cmのソフトドームツィーターと12cmのコーン型ウーファーを採用。本体サイズは幅191×奥行き249×高さ141mm。重量は3.4kg(1本)。カラーはグロスブラック。価格はペア2万4150円で、10月中旬の発売。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン