このページの本文へ

ヤマハから高音質仕様のネットワークプレーヤー登場

2010年09月09日 23時41分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「NP-S2000」 「NP-S2000」

 ヤマハから、ピュアオーディオユーザー向けのネットワークプレーヤー「NP-S2000」が発表された。11月中旬発売予定で希望小売価格は20万8950円。

 NP-S2000はDLNA(1.5)及びWindows 7、インターネットラジオ(vTuner)に対応したネットワーククライアントデバイス。左右独立したD/Aコンバーターやデジタル/アナログ用で別々に用意されているコアトランスと電源回路、といった高音質設計が特徴だ。

 音声出力は、アナログがRCAとXLR、デジタルが角型と同軸の端子を装備。対応フォーマットはWMV、FLAC、MP3、AAC、WMA。インターネットラジオはMP3とWMAに対応する。

 設定や操作はPCのウェブブラウザー(IE6以降)から行なえるほか、iPhone 4でリモートコントロールが行なえる「Network Player Controller」というアプリも10月から無償で提供する。また、iTunesライブラリーへのアクセスに必要な「Twonkymedia Server」のライセンスキーも付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン