このページの本文へ

マイクロソフトが「Windows 7 アプリ投稿キャンペーン」を開催中

Windows 7アプリを作って脳波・人感センサーをもらおう!?

2010年09月02日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7の登場(2009年10月22日に一般販売開始)から、もうすぐ丸1年。Windows 7はWindows Vistaより動作が高速化されたため、自作PCユーザーにもいち早く浸透した。しかし、Windows 7の特徴はその軽さだけではない。

 クイック起動と一体化し、過去の履歴やよく開くファイルを指定しての起動も可能になった「タスクバー」、単なる指先での操作に止まらずジェスチャーやマルチタッチにも対応する「タッチパネル」や「センサー」、最新GPUの性能を存分に引き出す「DirectX 11」や「WPF(Windows Presentation Foundation)」といった新APIなど……。Windows 7では、Windows Vistaまでのユーザーインターフェースを一新させる機能が多数盛り込まれている。

マイクロソフトの「Windows 7 アプリ投稿キャンペーン」公式サイト
マイクロソフトの「Windows 7 アプリ投稿キャンペーン」公式サイト

 そんな新機能を活用した、Windows 7ならではのアプリケーションをマイクロソフトが募集中だ。「Windows 7 アプリ投稿キャンペーン」に自作アプリを応募すると、マイクロソフトの公式サイト(Windows 7 製品情報ページおよびMSDNオンライン)で紹介されるほか、抽選でマルチタッチ対応の21.5型液晶ディスプレーや脳波センサー付きヘッドホン、人感センサーユニット、デザインチェアーなどがプレゼントされる。

プレゼント商品
マルチタッチ対応 21.5型フルHD液晶ディスプレイ(アイ・オー・データ機器「LCD-AD221FB-T」) 1名様
デザインチェアー(Four Corners「MIRAGE」) 1名様
キーボード(マイクロソフト「Arc Keyboard」) 3名様
マウス(マイクロソフト「Wireless Mobile Mouse 3500」) 3名様
ハイビジョンWebカメラ(マイクロソフト「LifeCam HD-500」) 1名様
脳波センサー付き直感型ヘッドフォン(NeuroSky「MindSet」) 1名様
人感センサーユニット(アイ・オー・データ機器「WinSensorシリーズ SENSOR-HM/ECO」) 5名様
高音質ヘッドフォン(BOSE「on-ear headphones」) 1名様

 応募できるアプリは、ミニアプリケーションから本格的なアプリケーションまで、ジャンルは不問。オリジナルの自作アプリであればOK。ただし、以下に挙げるWindows 7で新規搭載された機能を1つ以上盛り込む必要がある。

シェル統合関連
タスクバー
Ribbon API
ライブラリ
ハードウェア機能関連
マルチタッチ
インク
センサー
高度なグラフィックス関連
DirectX
WPF
Silverlight 4

 キャンペーン期間は2010年9月2日から2010年11月30日まで(アプリ投稿受付期間)。ただし、プレゼント抽選の対象期間は2010年10月15日までとなっている。詳細は同社のキャンペーンサイトで確認されたい。

 Windows 7の新機能を活用したユニークなアプリケーションを作って、世界中で売りさばいて、一攫千金の夢……は遠いかもしれないけど、さらなるアプリケーション開発に役立つグッズを当ててやろうじゃないか!


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中