このページの本文へ

グーグル、個々のイベント情報ごとにリッチスニペットを適用可能に

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年08月31日 15時54分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグル、個々のイベント情報ごとにリッチスニペットを適用可能に

グーグルは2010年8月24日、イベント用のリッチスニペットが、イベント一覧ページだけでなく、個々のイベント詳細ページに対しても適用できるようになったことを公式ブログで発表した。

個々のイベント詳細ページにMicrodata、RDFa、もしくは hCalendar microformats を使って構造化データを用意することにより、ページタイトル下にイベントの日付と開催場所を検索結果のスニペットとして表示できる。

説明文(スニペット)欄にレビューの件数や評価、製品価格などを表示できるリッチスニペットは2009年11月20日から日本でも提供されている。

イベント情報の新しいリッチスニペットについて [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/08/blog-post_24.html

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く