このページの本文へ

インシデントが最大40%削減!

CTCTお手製の管理ツール「ITLifeGear」外販へ

2010年08月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 伊藤忠テクノソリューションズのグループ会社であるシー・ティー・シー・テクノロジーは、同社がITシステムの運用のために作った管理ツール「ITLifeGear」を社外向けに販売する。

 ITLifeGearは250カ所におよぶCTCTの運用サービスの現場で用いられており、最大40%のインシデント削減効果があるという。ITライフサイクルのなかで、特に必須となるインシデント管理、そしてインシデントの原因となる問題管理に機能を絞り、操作しやすいユーザーインターフェイスで提供し。イベントやインシデントのカレンダー表示、メール通知、スプレッドシート形式でのレポート出力なども可能。

ITLifeGearの画面イメージ

 初期費用は300万円からで、年間使用料が120万円。ユーザー数やノード数の制限がないため、低価格に提供できるという。また、問題発生のQ&Aサポートとパッチ提供がセットになった1年間のサポートサービス、エンジニアが顧客の課題を整理し、ITLifeGearの導入と最適化を行なう「設計構築サービス」も提供される。

カテゴリートップへ

ピックアップ