このページの本文へ

EPUB+SVGで縦組みの電子書籍に挑戦 (2/4)

2010年08月31日 10時00分更新

文●古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

PDF版の電子書籍を作成する

 最初に、前回と同じくMicrosoft WordとAdobe InDesignを使って、PDF版の電子書籍を作成します。WordもInDesignもSVG形式には対応していませんが、PDFデータの読み込みには対応しています。そこで、前のページで作成したPDF形式の図版データを読み込んでレイアウトします。

 Wordの場合はテキスト部分を入力して、ドラッグ&ドロップで図版を配置します。

Wordでレイアウトを作成する。ベクター図版はPDFファイルを配置している

 レイアウトが完了したらPDFとして保存します(保存方法は前回までの記事を参照)。

WordデータをPDFとして保存する

 保存したPDFをiPadなどのリーダーで確認すると以下のようになります。

iPadでの表示。貼り付けたPDFデータはベクターデータなので、拡大した状態でもきれいに描画される

 InDesignの場合もWordと同様、テキストと図版をレイアウトしてPDFで保存します。EPUBに書き出す場合と異なり、PDF版の電子書籍にはレイアウト上の制約がないので、従来の雑誌や書籍と同様に作業してPDFで保存するだけです。

InDesignでレイアウトする。印刷と同様にレイアウトすればよく、EPUBのような制約はない

InDesignからPDFとして保存すると完成

 保存したPDFをiPadなどで確認すると以下のように表示されます。

iPadでの表示。InDesignで配置したPDFデータもベクターデータなので拡大してきれいに表示される

 PDF内にPDFなどのベクターデータが含まれていても、作成手順は特に変わりません。次に、EPUBデータを作成してみましょう。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く