このページの本文へ

spモード開始に合わせてXperiaもバージョンアップ

9月1日から、スマートフォンでiモードメールが使える!

2010年08月27日 16時22分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、同社のスマートフォンにおいてiモードと同じ「@docomo.ne.jp」のドメインを用いたメールなどが利用できる新サービス「spモード」を9月1日から開始することを発表した。

 spモードでは専用メールソフトをダウンロードすることで、iモードと同様にプッシュ配信によるメールサービスが利用できる(絵文字やデコメールにも対応)。そのほかにも同社の「ドコモマーケット」(もしくはドコモサイト)でコンテンツを購入した際に、その代金を携帯電話の料金と一緒に支払うことが可能になるほか、オプションとしてメールウイルスチェックやアクセス制限なども用意されている。

メールがプッシュ配信されるほか、絵文字などにも対応する

 月額使用料は315円。現時点の対応端末は「Xperia(SO-01B)」「LYNX(SH-10B)」「dynapocket(T-01B)」「T-01A」「SC-01B」の計5機種。また2010年12月31日までの間、「スマートフォン スマートプライスキャンペーン」と題し、spモードに新規契約したユーザーを対象に上述の月額使用料315円が契約月を含む5ヵ月間無料となるサービスも用意されている。

 なおspモードの開始に合わせて、Xperiaのspモードに対応するためのアップデートが、8月30日より順次実施される予定だ。spモードでは専用のAPN(Access Point Name)を用いるため、その設定に加えて、専用メールソフトの追加、また日本語入力システムの「POBox touch」も3.0にバージョンアップされたほか、バックアップアプリも新たに用意された。

microSDカードにシステム設定やブックマークなどをバックアップできる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン