このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

“コミックマーケット78”レポート 第9回

2年ぶりに開催された夏のあうとさろーね!【前編】

2010年08月19日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

毎度お馴染み、コミケの隣で痛車展覧会!

 コミケの会場である東京ビッグサイトの隣、有明客船ターミナルで開催されている痛車展示イベント「あうとさろーね」。基本的にコミケ開催時に開催されるのだが、今年はゴールデンウィークに開催したり、ミク痛車オンリーの派生イベントを開催したりと、精力的に活動している。

 去年の夏はなぜか開催されなかったので、2年ぶりとなる夏のあうとさろーね。2日間にわたって70台以上の痛車&痛単車&痛チャリが展示された。

 それでは駐車場での痛車(関連記事)とは、また違った痛車たちをご覧いただこう!

すべては愛ゆえに……

オーナーが超漢スポンサーに名乗りをあげたレーシングミクのセラ

タユタマ仕様のライフ。クルマの周囲に置かれた銀盤はなんだろうか

Angel Beats!の公認シルビア。天使ちゃんはマジで天使なのである

クド仕様のアルテッツァ、通称クドテッツァだ!

お馴染みのカマロは、10月10日の痛Gふぇすたに向けて仕様変更を検討中らしい

マリみてMR-Sはレースカーのようでカッコイイ

エアーブラシでボンネットに描いてしまった、男前なRX-7

シャナのフェアレディZは、ボディが白いせいか赤髪と黒髪が映える

長いボディをフルに活用している、けよりなステージア

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ