このページの本文へ

最低1部から出版可能、三省堂書店がオンデマンド出版を開始

文●通販通信

2010年08月10日 10時16分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

三省堂書店は8月9日、オンデマンド出版「三省堂書店オンデマンド」を、神保町本店で今秋から開始すると発表した。

 最低1部からの出版が可能となり、店頭で注文すると、約10分で印刷・無線綴じ・三方裁断が完了し、持ち帰ることが可能。まずは、店頭注文書籍の第1陣として、約300万点の学術書を中心とする洋書や、デジタル化済みの日本語書籍などを取り扱う。メニューリストにない書籍についてはリクエストも可能。編集・校正については、従来通り同社専門のスタッフが対応する。

 「三省堂書店オンデマンド」の開始により、品切れ本や洋書を気軽に入手することが可能となり、自費出版や学校・図書館・企業における少部数・短納期の出版・製本にも対応できる。

 当初は神保町本店のみでの展開となるが、順次サービス店舗を拡大する予定。

 ■「三省堂書店オンデマンド」   (http://www.books-sanseido.co.jp/event/promo_20100802.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く