このページの本文へ

ケンコーコムの米国子会社、国内未承認医薬品の輸入販売開始

文●通販通信

2010年08月06日 10時08分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ケンコーコムは7月27日、米国に設立した子会社Monzen Corporation(モンゼン コーポレーション)において、世界的に流通しながらも、日本では承認前のために使用が困難な医薬品について、医師向けに個人輸入の支援サービスを開始した。

 Monzen Corporationは、国内承認前の医薬品で、医師が患者の治療に必要と判断した医薬品について、販売だけでなく、個人輸入までをトータルに支援。厚生労働省地方厚生局が発行する、薬監証明に基づいた輸入により、医師の円滑な治療活動をサポートする。

 また、取り扱い医薬品については、各種ワクチンをはじめ、幅広いニーズに対応できるよう体制を整えている。注文には、医師免許証の写しなど、事前の会員登録が必要。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く