このページの本文へ

Kindle/iPad対応!電子書籍の作り方 (6/7)

2010年08月09日 10時00分更新

文●古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Kindle(AZW/MOBI形式)で読めるデータを作成する

 最後に、Kindle用のデータとしてAZW/MOBI形式のデータを作成します。AZW/MOBIの作成には、米アマゾン・ドットコムが提供する専用ツール「Kindlegen」を利用します。KindlegenはKindleで扱えるデータフォーマットに変換するツールで、日本語もおおよそ問題なく扱えます。Kindlegen以外にもAZW/MOBI形式に変換するフリーウェアがいくつか出回っていますが、期待通り変換されなかったり、日本語が正しく処理できなかったり、問題があるため、Kindlegenがおすすめです。

AmazonのKindlegenのページ


 KindlegenはMac OS X、Windows、Linux用があるので、環境に応じてダウンロードしてください。今回はMac OS XのKindlegenを使って説明します。

 まず、変換元となるデータを用意します。Kindlegenで変換できるのはHTML形式です。Mac OS Xの場合はHTMLファイルがあるフォルダや親フォルダに日本語が含まれていると正しく処理できないため、英数字で構成されたフォルダ名にします。

 ターミナルを起動し、kindlegenを実行します。このとき、パラメーターで変換したいファイル名を指定します。以下の例ではdenshiフォルダ内にあるdenshi.htmlファイルを変換します。

./kindlegen /denshi/denshi.html

変換したいファイル名を指定する


 変換が終了すると同じフォルダ内にMOBI形式のファイルが作成されます。

MOBI形式のデータが作成される。Kindle for PCやKindle for MacをインストールしておけばKindleファイルのアイコンになる

MOBI形式のデータが作成される。Kindle for PCやKindle for MacをインストールしておけばKindleファイルのアイコンになる


 作成されたファイルをKindle for Mac/PCなどで開くと表示されます。

Kindle for Macで表示した


 AZW/MOBI形式は、さまざまなプラットフォームにビューアーが移植されているため、多様な機器で電子書籍を楽しめるメリットがあります。一方、EPUB形式と同様、複雑なレイアウトはできませんので雑誌のような電子書籍には不向きです。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く